2013年9月26日木曜日

小学校と幼稚園へ


今朝は、我が子の小学校での「読み聞かせ」に参加してきました。
私は、我が子が入学したときからメンバーに入れていただき、1年半になります。
月1〜2回、いろいろな学年のクラスを担当させていただくので、
私の勉強にもなりますし、
それよりなにより! 楽しい時間です(^^)

今日は1年生。
紙芝居2本にしました。
登場人物がたくさんでてくるので、虹色の声だけでは足りません。
身体のあちこちから声をだしました(イメージです(^^;))。
終わるとみんなが、口々に感想を話してくれたのが、嬉しかったです☆

そして、そのあと、月に1回伺っている水戸市立五軒幼稚園さんへ。
今日は9月生まれのお友達のお誕生会のゲスト! 
でご招待いただきました。ありがとうございます!

8月は夏休みでお休みだったので、かなり久しぶりの再会☆
顔をだすと「あーーーーーー!!!!」と大歓声で迎えてくれて感激!

群読も、あっという間に覚えてしまう園児さんたちなので、
今日はまた新しい詩をひとつ、用意しました。

山村暮鳥の「雲」。

実はこの詩は、個人的にも印象深い詩でして・・・。

我が子が3歳のときでした。
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたち海浜公園」に行ったときのこと。
「みはらしの丘」という太平洋を見渡せる丘の上に到着すると、
眼前には青い空と海、頭上には真っ白な雲が浮かんでいました。

すると我が子がその雲に向かって、大きな声で

「おうい雲よ  ゆうゆうとばかにのんきそうじゃないか・・・・・」
と「雲」の詩を暗唱し始めました。

びっくりすると同時に、とても嬉しくなりました。

家で暗唱していた時よりも、確実に遠くの「雲」に向かって声を出していました。

こういう距離感は、教えなくても感覚でわかるのだと、
その時思いました。

あの齋藤孝さんは、こう言っています。
「暗唱することで、日本語の宝石を身体に埋め込み、生涯にわたって折に触れてその輝きを味わう」

日本語の宝石を身体に埋め込む・・・いい表現ですよね☆
こういうことだな〜と思った瞬間でした。

群読は、仲間の力もあって、言葉を身体に埋め込むことができます。
また、来月が楽しみです。

そのほかに紙芝居と絵本、ゲームをすると、
今度はみんなが私をお手製の「お化け屋敷」に招待してくれました!

年長さんがみんなで作ったそうです。

柄にもなく「ひとりじゃ怖いな・・・」と言うと、
優しい男の子たちが「一緒に行ってあげるよ」と言って手をひいてくれて、キュンとしてしまいました(#^^#)

それにしても、よくできたお化け屋敷で、
声が枯れるほどキャーキャー言って楽しませていただきました☆

2013年9月24日火曜日

映画「天心」先行上映会初日 トークショー司会


【 映画「天心」の北茨城先行上映会初日 】

9月21日(土)、上映会前のトークショーの司会進行を仰せつかりまして、
北茨城市民ふれあいセンターに行って参りました。

↓お仕事しています(^^)














上映会初日ということで、下村観山役の木下ほうかさん、木村武山役の橋本一郎さん、松村克弥監督が駆けつけてくださいました。
両手に花☆で記念写真!
















木下ほうかさん(左)と橋本一郎さん(右)の真ん中という、
なんとも贅沢なポジションです。

約30分のトークショーの中では、撮影中のエピソードなどをお話いただきました。

撮影が行われたのは、昨年末の寒い時期でしたから、
地元の方々の炊き出しや差し入れ、お心遣いが本当にありがたく嬉しかったと、
木下さん、橋本さん、松村監督、何度も感謝の言葉を口にしていらっしゃいました。

木下ほうかさんとは、ツーショットまで!
演技がすばらしく、大好きな俳優さんでしたので、感激!













そうそう、私が胸につけているいるバッジは映画「天心」のバッジでして、
今回映画の主題歌も担当していらっしゃる石井竜也さんがデザインしたものです。
まだ少し在庫があるようですよ!

北茨城での先行上映会は28日まで。

以下、「天心」の公開予定です。
10月5日〜 MOVIXつくば
10月5日〜18 イオンシネマ守谷
10月19日〜 シネプレックス水戸
10月19日〜 ポレポレいわき(福島)
他茨城先行公開。

多くの方に映画をご覧いただきたいと思います!

詳しくはこちらをご覧ください。
天心オフィシャルHP http://eiga-tenshin.com/official/

みなさま、お疲れさまでした。

2013年9月20日金曜日

静夜思


《 静夜思 》

昨夜の月をみて、浮かんできたのは、この詩…


静夜思    李白

牀前 月光を看る
疑うらくは 是れ地上の霜かと
頭を挙げては 山月を望み
頭を低れては故郷を思う

<通釈>
秋の静かな夜更けに、寝台の前に降りそそぐ月の光を見て、
あまりにも白いので、地上に降りた霜ではないかと思うほどであった。
頭をあげて、山の端にかかった月を眺めていると、
故郷のことが思い出されて、知らず知らずにうなだれて、しみじみと望郷の思いに浸る。




…今から千年以上も前の静夜の思い。
でも、今を生きる私たちも、共感できます。

さあ、今宵は十六夜。
また最高の月夜を楽しみに…