2018年6月21日木曜日

高萩市 あなたの声でステップアップ朗読講座

昨日は、昨年度から深く関わらせていただいている高萩市でのステップアップ講座1回目でした。
嬉しいことに、昨年度、抽選でめでたく当選した受講生15人全員と、
オカリナ講師であり民話を語る時の音楽を担当してくださった先生も、
受講してくださるという、講師冥利につきるスタートとなりました。
さらに今年度は枠を広げたので、新規で受講してくださる方もいらっしゃいます(^^)


















昨年度の講座をきっかけに、高萩の民話を語り継いでいこうというグループ「ほおずき」が結成され8ヶ月。わずか8ヶ月なのに、その活動量には驚かされます。

そして今、新たなプロジェクトが動きだしています(^^)
すでに、私の願いは「ほおずき」のメンバーに伝え、実行済み。
来週はその第2弾! 

私は、思いを告げたので、あとは任せます(^^)
私は、昨年度、このメンバーに、朗読の技術だけをアドバイスしてきたのではありません。
私がいなくても、私と一緒に勉強した作品じゃなくても、
朗読と向きあえるように、その魅力を伝えていけるように、アドバイスしてきたつもりです。
早くもそれが試されていくようなプロジェクト・・・怖いような楽しみなような気持ちで見守ります。



つくば市での講座、始まりました!

つくば市での講座の1回目が行われました。

今回の対象者は、乳幼児の親。
こういう企画は初めてということでしたが、たくさんの方に集まっていただきました!
託児室は、かなりな賑わいだったとのこと(*^^*)

私も、我が子の数年前を思い出しました⭐️

2018年6月18日月曜日

連続講座「夏はのびのび親子じかん」講師

水戸市で開催される講座のご案内です。

水戸市教育委員会のHPはこちら


私が保護者様向けの講座をしている間、お子様たちのお相手は、
私の生徒さんでもあり、どんな無茶ぶりにも答えてくれる「アイアイ」のみなさんにお願いしています。

講座を開催する研修室は大きな部屋ですので、お子さんたちの様子を同じ部屋で感じながら受講できます(^^)
「アイアイ」の皆さんの人形劇やパネルシアターそのほか、楽しいお話がいっぱいです!

すでにお申し込み開始となっております。
お会いできることを楽しみにしております!







「朗読の日」銀座博品館劇場での公演

6月16日、17日、NPO日本朗読文化協会主催「朗読の日」公演が銀座博品館劇場で行われました。



















私は、6月16日のAステージに出演いたしました。

大好きな吉野弘さんの全詩集から4編を朗読しました。

この詩に出会ったのは20代のはじめ。
それからずっと朗読していますが、今回の朗読が一番、気持ちと、作品とがピタッと合った気がしました。

上演中の写真が届きましたらまたアップしたいと思います。

公演後に生徒さんと記念撮影。
混雑していてなかなか撮影できないので、貴重な写真です(^^)
その他にも来てくださった方々がたくさんいて、記念撮影できなかったのが残念です。


















16日のBステージと、17日のC、Dステージはスタッフとして動きながら、
どっぷりと朗読の世界に浸りました(^^)









2018年6月14日木曜日

2つの教室の朗読会 

5月、6月と、生徒さんたちの朗読会が行われました。
回を重ねるごとに、どんどん魅力ある朗読になっていく生徒さんたちを、
私は誇りに思います(^^)‼️

合同の朗読会、したいなあ・・・・(*^^*)



「ひびきの会」心に響く朗読会 VOL.4








「朗読の会 こだま」



2018年6月13日水曜日

「言の音紡ぎ隊」と160人で群読ほか、楽しみました!

昨日、水戸市立三の丸小学校の3年生のみなさんと保護者のみなさまの親子ふれあい学級の講師を努めさせていただきました(*^^*)

言の音紡ぎ隊のみなさんにもご協力いただき、
昔話と、群読2種を行いました!

総勢160人での群読が、短い時間にも関わらず形になったのは、
言の音紡ぎ隊のみなさんがよい群読を見せてくれて、
そのあと、リーダーとして各グループに入ってくれたからです!

やはり、ママたちには(パパさんたちもでしょうけど)チカラ💪がある‼️と思いました!

ありがとうございました!

桜川市でスキルアップ朗読講座を担当します!

今年2月に、下記のコンサートに出演させていただいた桜川市での朗読から、
新たな事業に関わらせていただくことになりました。
コンサートについてはこちらから
























6月1日発行の市報に講座のことが掲載されています。
さっそくたくさんのお問い合わせをいただいていると伺い、安堵しております。
桜川市の広報紙掲載はこちら





































よりよい講座になるよう、いろいろ考えています!
よろしくお願いいたします!



ユニセフのつどい

30分間、スクリーンに絵本を映し出して、朗読します(^^)

お申し込みは、下記まで☆


国際子ども図書館へ

先日、6月16、17日に行われる「朗読の日」公演のゲネプロがあって、上京しました。


























ゲネプロ後、プーシキン美術館展で目からの刺激をいただき、国際子ども図書館へ。

貴重な資料をコピーさせていただくことができました!
うれしい(*^^*)




2018年5月30日水曜日

「ユニセフのつどい」で読み聞かせします

7月1日(日)「ユニセフのつどい」で絵本の読み聞かせをさせていただきます!
主催者さまと相談して、作品を決めました。

絵本は絵本ですが、私も初めての試みとなるジャンルです。

関係者のみなさま、ご参加くださるみなさま、
よろしくお願いいたします。

*写真は、茨城県労働者福祉協議会の機関誌に掲載されていたのを見つけてくれた知人が送ってくれました! ありがとうございます。


映画の撮影・・・出演しました

私は録音することには慣れていますが、
「撮影」は苦手です。
避けていましたが、
なぜか、ご縁をいただき、
この度、映画に出演することになりました。
詳細は後日・・・

心に響く朗読会〜声に心をのせて〜 Vol.4 

























このタイトルの朗読会になってから4年目、4回目です。

5回連続講座を受講した生徒さんたちが、もっと学びたいと言って、自主サークルを立ち上げ、引き続き私を講師に呼んでくださっています。
嬉しいです(*^^*)

みんなで作り上げる朗読会。
準備も慣れたものです。

年々、自分の長所をいかした朗読で伝えられるようになっている「ひびきの会」。
すでに来年の作品を密かに決めた生徒さんもいらっしゃいます。

この日は、仲間の嬉しい嬉しいお祝いもありました!
記念撮影した集合写真も、記録担当の生徒さんのカメラに収まっていますので、
後日アップします!


朗読は、楽しい(^^)❣️








大盛り上がりの読み聞かせ45分!

5月23日、某小学校で、1〜2年生約60名に、45分間の読み聞かせをさせていただきました(^^)

盛り上がるもの、昔話、参加型、ドキドキワクワク、群読・・・

また会えるので、楽しみ、楽しみ(*^^*)‼️


女性学級 講師

水戸市の新荘地区は、女性学級などの活動がたいへん活発と、
伺っておりましたが、
その女性学級の初回の講師を務めさせていただきました(*^^*)











































およそ90名がホールに集まってくださいました。

素晴らしい熱気です。
みなさんニコニコ笑顔で聞いてくださいました。
















]
懐かしい方にもお会いすることができ、嬉しい時間でした。
ありがとうございました。

今度は、未就学児の保護者さま対象の講座で伺う予定です(^^)












ゴールデンウィーク明けは・・・

毎年ですが、連休明けは、さまざまな打ち合わせが待ち受けています(^^;)
ありがたいことです!
良い提案ができるよう準備をすすめていく時間も、好きです。

振り返れば、この5月は、いつも以上に冴えていました!

ふたつの教室「ひびきの会」と「おはなしの会 こだま」、
それぞれの朗読会も控えています。
私の頭の中にも、生徒さんの人数分、作品がぐるぐる回っています。
そして、今年度展開していく自分のコンサートや朗読会の題材もぐるぐる・・・・

難しい原稿のナレーション収録も2件! 頑張りました!

そして、5月後半に突入!

箏友会 糸の調べ 演奏会の司会

毎年、この時期に開催されております箏友会の演奏会 「糸の調べ」の司会を今年も努めさせていただきました。





















箏、十七弦、三弦、尺八・・・
古典曲から現代まで、心癒される音色を聴きながらの司会は至福の時です(^^)

お写真は毎年、後日いただけるので、そのときにアップしたいと思います!

生徒さんたちが憲法フェスティバルで、戦争の紙芝居を朗読しました!

4月に開催された「ピースアクションいばらきin春」でデビュー🎶した「じゅげむ」のメンバーが、憲法フェスティバルで、
被爆者の戦争の紙芝居「茂木貞夫物語」と「高橋久子物語」を上演しました。
紙芝居について詳しくはこちら


























あいにく朝まで雨と強風が残りましたが、上演のときには少しおさまりました。
このときの紙芝居の上演を見て、聴いてくださった団体さまから、8月の出演依頼をいただきました!
うれしいことです(^^)

私は戦争を経験しておりません。
しかし、朗読という形で、語り継いでいくことに関わらせていただきます。
丁寧に、伝えていきます。






朗読会リハーサル

おはなしの会「こだま」のみなさんの朗読会が6月2日にあります。
そのリハーサルを行いました。
しかし、いつものことですが、写真は撮る余裕がありません・・・(^^;;
終わってから、図書館の掲示コーナーにあるお知らせをパチリ☆

いつも感じることは、本番1ヶ月前の生徒さんたちのめまぐるしい成長!
今回も例外ではありません。
そして朗読会はゴールでもあり、スタートでもある。
この日は、私も朗読しますので、そちらも頑張ります!(^^)






スプリングコンサート🎵 朗読で出演

4月30日は、スプリングコンサートの司会と、朗読での出演でした。
つくば市のノバホール。
音楽と同じように、朗読の表現の可能性を信じてくださるみなさまです。
ありがとうございました。























2018年5月2日水曜日

耕心館 第210回サロンコンサートに出演します☆

昨年、「ピアノで綴る愛と哀しみの歌 ショパンの手紙とともに」3部作の1部を公演しました。
今年は、その第2部となるVol.2の公演が決まっておりまして、
先日、チラシが届きました!

伝統ある耕心館サロンコンサート210回目のコンサートに、私たちのプログラムを企画していただき感激です(*^^*)

耕心館HPはこちら




つくば市 読み聞かせ講座 募集開始しました

つくば市で、私が担当する読み聞かせ講座が、募集開始になったそうです。

http://www.city.tsukuba.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/002/628/3005.pdf

こちらの10ページ 下段です。





















































新しい出会い、そして再会? に期待しております。
どうぞよろしくお願いいたします。



2018年5月1日火曜日

いばらき子ども大学 の講師を務めます☆

2014年に開講した「いばらき子ども大学」。
毎年、合同開講式の司会を務めさせていただいておりました。
今年は、合同開講式の司会に加え、県央キャンパスの3回目の授業を依頼されました❣️

楽しい授業になるよう頑張ります(*^^*)
「いばらき子ども大学」の学生さんたちに会える日を楽しみにしています❣️








































2018年4月27日金曜日

心に響く朗読会 〜声に心をのせて〜 vol.4

今年も開催します。
私の生徒さんたちのグループ「ひびきの会」の朗読会です。

朗読会1ヶ月前となる講座の日・・・驚きました!
全員が、それぞれ、かなりの上達!

私がわかるだけではなく、生徒さんたちみんなが、お互いの成長を感じることのできた時間でした。
私は、講師として、まだまだ至らない点があるかもしれません。
でも、生徒さんが、どう意識したら良い方向に向かうか、ということは真剣に考えています。
みなさん一人ひとり個性があります。
その個性を生かして、そして自分の声を否定することなく、朗読できるようなお手伝いができればと思っています。

ぜひ、いらしてください。





目白大学 スタートアップセミナーの講師を務めました

4月25日、大変な雨風のなか、セミナー会場に向かいました。
目白大学の中国語学科の新入生のみなさんのスタートアップセミナーの講師を依頼されたのです。














































私たちを講師に使うという面白い企画が浮かぶセミナー担当の先生とは、つながりがありまして・・・
それは、私がナレーションを担当させていただいた「キクタン 中国語会話 入門編」。
担当の先生は、そのキクタンの著者でもあるのです(^^)
私も、今回は、中国語の早口言葉を覚えていきました!




















入学したばかりの学生さん達にとっては、1泊2日のセミナーを共に体験することで、友人のことを深く知る機会になったり、仲間意識が芽生える機会になる・・・
と、考えると、非常に重大な任務な訳です(^^;)
自分の学生時代を懐かしく思い出しながら、2時間を過ごしました。

















素晴らしい4年間になることを応援しております(^^)

2018年4月26日木曜日

朗読公開講座 日立市立南部図書館

先日、日立市立南部図書館での、朗読公開講座をつとめました。
サポーターの会の、朗読勉強会のみなさんが企画してくださいました。
開場前からたくさんのお客さまに並んでいただき、早くも席を増席していただきました。
ありがとうございます。

朗読とは、という基礎的なことと、私の思い・・・
そして、新田次郎「ある町の高い煙突」を、メンバーさんが朗読しました。

来月から、映画「ある町の高い煙突」の撮影が始まるので、みなさんが課題に選んでいました。

映画監督の松村克弥監督とプロデューサーの城之内景子氏も、講座の最初から参加してくださいました。

私たち朗読者は、文章から情景を想像し、それを声で表すことを考えます。
松村監督は、朗読と映画製作との共通点をお話いただき、嬉しかったです(^^)


2018年4月23日月曜日

今年の「朗読の日」公演

今年は、6月16日(土)のAステージに出演いたします(^^)

吉野弘さんの詩集から、朗読します。




























































































生徒さんたちが新聞に掲載されました(*^^*)

4月15日、「2018ピースアクションin春」で、私の生徒さんたちが、戦争の被爆者の体験を描いた紙芝居「茂木貞夫物語」を上演いたしました。




















この紙芝居は、茨城大学の紙芝居研究会の卒業生達が作成し、昨年度まで上演してきました。今年度からは上演する人がいなくなってしまうということで、私がお引き受けしました。しかし、上演リクエストをいただいても、私ひとりでは、スケジュールの都合でお引き受けできないことも出てきます。そこで、数ヶ月前から、上演できるメンバーを育てておりました。朗読勉強会「じゅげむ」の6人です。大変熱心なメンバーです。
昨年11月には、「じゅげむ」のメンバーと茨城大学で、紙芝居完成までの経緯や深い思いをうかがい、茂木貞夫さんからはその当時のお話を聞きました。これらすべてが、読み手の心に深く刻まれたおかげで、紙芝居「茂木貞夫物語」を上演させていただく使命感、責任感が生まれたと思います。
そのメンバーたちの紙芝居上演デビューの日でした。
私は司会をしながら見守っておりました。








































この日の応募者数は、予測の2倍にまで膨らみ、なんと紙芝居も2回上演することになりました。嬉しいことです。
100枚を超える紙芝居は、上演時間30分弱。
親子で参加していただける企画でしたので、小学校低学年のお子さんもいらっしゃいましたが、みな集中して戦時中の様子を描いた絵を食い入るように見ていました。

その後、茂木貞夫さんご本人からお話をしていただきました。
「みんなが仲良くなればいいんですよ。世界も同じ。あんな辛い思いを、こんなかわいいお子さん達にさせたくないですよ。」
そう言って、目を細めながら子供達を見つめる茂木さんの言葉に、うなづく参加者が大勢いらっしゃいました。

私たち戦争を知らない世代でも、伝えていくお手伝いはできますよね。

来月は、2本、紙芝居上演がありますので、またご案内いたします。







2018年4月7日土曜日

高萩市でステップアップ講座「あなたの声で伝える朗読講座 実践編」

昨年度、とてもいい講座を担当させていただいた高萩市で、今年度はステップアップ講座を企画してくださいました。

昨年度は応募者多数で、抽選となってしまったので、
今回は、なるべく多くの方に参加していただけるようにしました。

朗読に興味を持ってくださっている方々とお会い出来ることを楽しみにしております。




日立市で公開講座

日立市の市報にも掲載されました。
南部図書館で、朗読公開講座を行います。

当日は、びっくりするようなゲストもいらしてくださいます❗️